人間性と生産性と知性
僕ら(僕+イーダ氏)が発案した入社試験


●基礎試験

国語
カトウ式:「危険」「証拠」が読める
イーダ式:「危険」が読める

算数
カトウ式:「2/5 + 1/5」が解る
イーダ式:「スイカを5つに切って、2つを冷蔵庫に、1つをお客さんに」が解る


●頭の回転試験

九九を口頭で回答して速度を計る。ただし逆読み。

9×9 = 81
9×8 = 72
9×7 = 63
・・・
・・


●実技試験

2tトラックをバックで駐車する。「速く」「正確に」等の指示は無し。速度と正確性を計る。


●面接

イーダ式:コミュニケーション能力を見極める。
カトウ式:実務におけるカンの鋭さを見極める。

実務におけるカン = 器の大きさ × 実用技術経験
技術経験 = 製図・加工(切削・切断・溶接・鋳造・研磨)・趣味(内燃機関・PC・電子工作)


========================

イーダ氏の理論 : 重要なのは器の大きさとコミュニケーション能力

Meの理論 : 重要なのは器の大きさと生産性(実務におけるカン)

========================

まぁ実際の就職試験で重要なのは「仮面の”種類”と”精度”」のようですな。



DOUBT! DOUBT! DOUBT YOU! 肉を切らせず 骨も断てない
DOUBT! DOUBT! DOUBT YOU! 木っ端微塵のカオスを そばで見てるだけ・・・


c0048719_4231958.jpg

[PR]
by lair-lair | 2006-11-18 04:24 | 今日の報告
<< フロンっていい奴だな・・・ No Music, No Life >>