でーぷいんぱくと
最近はダラダラとテキパキの中間で生活中。

今週末にいよいよディープインパクトが走ります。
「神戸新聞杯・G2」から「菊花賞・G1(三冠賭け)」で走ります。

ここでもし神戸新聞杯も菊花も取ったら「皇帝・シンボリルドルフ」以来の無敗3冠馬の誕生です。実は過去の3冠馬は、夏の休養明けには調整出走して2~3着に敗れた後、菊花で勝つのが多いです。まぁライバルが薄い今なら無敗3冠も行けそうやね。


ここで豆知識。最強のG1馬は・・・  最強のビビリ。


馬が走るのは敵から逃げる本能らしいっす。
だから回りのみんなが走ったら、あせって自分も走るらしいです。
これは7~8年前に本で読んだことです。

まぁ調教で鍛えられまくったサラブレッドは、頭で「レースだ」って気づいてるなら話は別なんだけど。
もし本能で走ってるなら・・・

大差勝ちの馬は・・・  仲間を見捨てて逃げ切った最強のビビリ

大差負けの最下位は・・・  仲間を逃がすケツもち 男前

なんてことに・・・
これで混合戦(牡馬・牝馬)ならもっと悲惨だね。どっちにしろ。




競馬中継でジョッキーを隠して見てみると・・・

確かに必死に逃げてるように見えます。
[PR]
by lair-lair | 2005-09-21 15:36 | 今日の報告
<< 一難さってまた二難 なんでもない日 >>