詳細
試験前日に豊技院生のイーダ氏の寮につく。

そのまま徹夜で流体力学と熱力学を勉強す。
英語はいまさらなので、ほぼ無勉。

とりあえず

熱力学第一・第二法則
状態方程式
連続の式
ベルヌーイの定理
オイラーの連続方程式
オイラーの運動方程式
ナビエ・ストークスの式
無次元数(Re・オイラー数・ストローハル数・マッハ数)
差分法のテイラー展開

なんかをマスターする。


で9:00~10:00の英語の試験は爆死。
自己採点20点前後っぽい。

面接で「スライド資料4部」ってかいてあったのに
部屋に入ったらスクリーンがない。
手渡しで3人の面接官に1部ずつ配る。
研究発表は2~3分で終了。

その後10分以上「君、成績悪いねぇ~」とか「数学が苦手なのか」とかチクチク言われ続ける。ごまかしきれずヘラヘラ答える。で、「口答質疑ばっちこ~い」と思ってたら、先生方が顔を見合わせて「これでもういいですよね。」「そうですね。」

あれぇ?イーダ氏は熱第一第二・状態方程式・縮小管・ベルヌーイとか聞かれたのに・・・



だめでしたとさ。

結果はまだだけど。

去年も専攻科推薦で機械落ちてるみたいだしね。1/1で。

なむ~~
[PR]
by lair-lair | 2005-09-02 17:07 | 今日の報告
<< そろそろ ・・・ >>