郵政民営化っていいもの?わるもの?
郵政民営化が衆議院で可決されました。

参議院は与党の数が少ないので通らないかもしれないそうです。



で、郵政民営化っていいものじゃないの??


郵政族・・・郵便事業勤務の人たちから票を集める、集配ならぬ「収集マシーン」

郵便貯金・簡易保険・・・一旦はお金が国に保管される「金集めマシン」
               道路族なんかにとっては「引き出し額∞郵貯カード」

じゃないの??


なんで「道路族」の「橋本派(・・・っあ!旧橋本派か。あの人アレだから)」が
反対するのはわかるんだけど、森派からも反対票出てたし・・・
何より野党が反対してるし。野党なんて美味しい思いできるのかな・・・


ちなみに欠点の「辺境の地の郵便局が潰れる」ってのはあたりまえじゃない?
まぁポストがあって、手紙も届けば別にいいでしょ。実際。
ATMが無くたってど~せまわりに店もないんだし。


う~ん・・・よくわからん。
ニュースでも「誰々が反対票を入れる」とか「反対したら処分する」とか下らん事ばっか放送して、実際民営化されたらどうなるかを教えてくんないし・・・ 自民党賛成派・自民党反対派・野党のリアルな魂胆を非常に知りたいところ。誰か知ってたら教えて。




そういえば昔っから黒い系「族議員(甘い汁をチューチューするのが大好きな方々)」の「田中(カクエー)派→竹下派→橋本派」の皆さんが何故当選するのか非常に不思議だった。

けどウチの地元の選挙区(三重4区)って「田村 憲久」


まず彼の叔父「田村 元」について

①田中角栄から「謀将」と呼ばれる
②父親の稔は、1942年の翼賛選挙で衆議院議員に当選
③当時、最年少の30歳で当選
④1960年に建設政務次官、1962年に労働政務次官を勤める
⑤1950年に慶應義塾大学法学部卒業

つづいて「田村 憲久」

①叔父の七光り
②32歳で衆議院議員に当選
③1988年千葉大学法経学部経済学科
④当然旧橋本派


ちなみに二人とも、僕と同じ三重県松阪市生まれ。

おまけに三重の公共事業といえば「日本土建」。
社長はなんと!
彼の父親(田村元の兄弟) 「田村 欣也」

で、地元は公共事業で潤ってるかというと・・・
いらん工事ばっかやって道はガタガタ。
いる道は何故か工事しない。
信号の連絡も最悪。
死亡事故数は日本一。
旭川の道の方が1000倍いい。

どうよ松阪市・・・


でも公共事業に関わる市民が多いのと、ジジババの糞票のおかげで未だに安泰だとさ。

FUCK!
[PR]
by lair-lair | 2005-07-06 16:11 | 今日の報告
<< ・・・ え~と・・・ >>